KAGEROUの記事一覧

水嶋ヒロ さんの処女作「 KAGEROU 」「 第5回ポプラ社小説大賞 」の大賞を受賞したことで、間違いなく近いうちに本が出版されるだろうと思っておりましたが・・・

やはり予想通り 水嶋ヒロ さんの「 KAGEROU 」が「 齋藤智裕 」名義で出版されることになりましたね。

12月15日の発売とは思っていたよりも早かったですが、すでに全国の書店からは「 KAGEROU 」の注文が殺到しており、いきなり予約だけで40万部を突破しているとのことです。

ストーリーが謎に包まれていた 水嶋ヒロ ( 齋藤智裕 )さんの「 KAGEROU 」ですが、アマゾンの商品ページに以下のあらすじが紹介されていました。

ここから↓
 『KAGEROU』――儚く不確かなもの。
 廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンス。
 「かげろう」のような己の人生を閉じようとする、絶望を抱えた男。
 そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。
 命の十字路で二人は、ある契約を交わす。
 肉体と魂を分かつものとは何か? 人を人たらしめているものは何か?
 深い苦悩を抱え、主人公は終末の場所へと向かう。
 そこで、彼は一つの儚き「命」と出逢い、
 かつて抱いたことのない愛することの切なさを知る。
 水嶋ヒロの処女作、
 哀切かつ峻烈な「命」の物語。
↑ここまで

あらすじを見るとなかなか面白そうな内容で、あまり小説は読まない私でも 水嶋ヒロ ( 齋藤智裕 )さんの「 KAGEROU 」は買ってみたくなります。

ここでチョット気になることがあるんですけど・・・

上の画像にある予約受付中の案内に記された「 青い十字 のマーク 」と、 水嶋ヒロ さんの Twitter ( ツイッター )でアイコンに使用されている「 青い十字 の中に目らしきものがついたキャラクター 」には、やはり何か共通するメッセージが込められているのでしょうか?

「 KAGEROU 」のあらすじにも「 命の十字路 」というフレーズが入っているので、どうやら「 十字 」が重要なキーワードになっているようです。

水嶋ヒロ ( 齋藤智裕 )さんの「 KAGEROU 」を読めば、「 青い十字 」が何を意味しているのか分かるんでしょうかね。

ではまた(^.^)/~~~ ご協力ありがとうございます。 最後にポチッとお願いしますm(__)m

社長日記, 芸能ニュース, 話題, Amazon

水嶋ヒロ さんが執筆活動を理由に芸能事務所を退社してから、すっかり公の場に姿を見せなくなったので、 水嶋ヒロ さんはどうしているのだろうと思っておりましたら~

作家としての処女作「 KAGEROU 」が、いきなり「 第5回ポプラ社小説大賞 」の大賞を受賞しましたね。

ポプラ社小説大賞は、ポプラ社が文芸書に本格的に力を入れていくことをきっかけに2005年に創設された賞で・・・

方波見大志 ( かたばみだいし )さんがこちらの「 削除ボーイズ0326 」で第1回に大賞を受賞して以来、「該当者なし」ということで大賞は出ていなかったそうです。

水嶋ヒロ さんの処女作「 KAGEROU 」が今回、 ポプラ社小説大賞 の大賞を受賞したというのは、やはり話題性を考えてのことかと思ったんですけど・・・

本名の 齋藤智裕 名義で執筆し「 齋藤智 」というペンネームで応募したとのことで、応募総数1285作品の中から大賞に選ばれたのは完全に 水嶋ヒロ さんの実力だったみたいですね。

作家としての才能があるだけでも羨ましいのですが、 水嶋ヒロ さんは見ての通りの男前で、背が高くて、スタイルが良くて、英語が堪能で、頭が良くて、スポーツができて、嫁さんは 絢香 さんですからねぇ~

おまけに今回、 ポプラ社小説大賞 の大賞受賞者に贈られる賞金2000万円を、 水嶋ヒロ さんは「さらに多くの作品が生まれて欲しい」と有効利用を願い賞金2000万円の受取を辞退したそうで・・・

ここまで完璧な人間がいても良いのでしょうか?

処女作の「 KAGEROU 」が出版されればミリオンセラーになりそうですし、これから先もお金のことなど全く心配していないと思いますが・・・

今の状況になれたのは、 水嶋ヒロ さんが影で人の何倍も努力したからだと信じたいですね。

ではまた(^.^)/~~~ ご協力ありがとうございます。 最後にポチッとお願いしますm(__)m

社長日記, 芸能ニュース, 話題, Amazon